茨木市議会議員 小林みちこ 無所属 市民派

「私たちの想いが茨木市を変える」

小林みちこ
私が市議会議員にチャレンジしたわけ 市議会ってどんなとこ? 知ってる?茨木市あれこれ プロフィール 政治スタイル ミッチーのON/OFFブログ

市議会ってどんなとこ?茨城市議会をウォッチング

市議会のおシゴト

市議会の役割は?

例えば私が暮らす街、茨木市をより快適で住みよい街にするためには、上下水道や道路、公園などの都市基盤の整備からごみ処理、福祉、教育などのあらゆる行政サービスに至る市政の目標や施策をどのようにするのかを決めて実行しなければなりません。

しかし、市民全員が一堂に集まって話し合うことは困難です。このため地方自治体では、選挙によって市民の代表を選ぶことになります。これが市議会議員と市長です。

市議会議員は、市民の意思を市政に反映させるために、市議会を構成して市民生活のさまざまな課題についてきめ細かく審議し、どう処理すべきかを決めています。このため、市議会は「議決機関」と呼ばれています。

一方、市長は市議会で決めたことに基づいて、実際に市政を進めていきます。このため、市長は「執行機関」と呼ばれます。 市議会と市長は、独立対等な立場にあり、それぞれが職務を自主的に行うことでお互いに抑制と均衡を図りながら地方行政を行っています。

市議会の権限は?

議会が市長や議員から提出された議案などを審議して、それに対する意思を決めることを「議決」といいます。
議決には、予算や条例など団体としての意思を決めるものと、意見書や決議など市議会の機関意思を決めるものとがあります。
議決の主な内容は次の通りです。

  • 市の条例の制定・改正・廃止
  • 予算の決定、決算の認定を行う
  • 助役、収入役、教育委員、監査委員などの選任についての同意
  • 予定価格1億5000万円以上の工事・請負契約、予定価格 2000万円以上の不動産・動産の売り払いまたは買い入れに 関することなど
  • その他法律や政令、条例により市議会の権限とされていること

また、市議会には議決権のほかに、調査権や請願・陳情の受理と処理機能などがあります。

市議会のしくみ

市議会議員

市議会議員は市民の代表として、4年に一度選挙により市民の中から選ばれます。 市議会議員には市内に住んでいる満25歳以上の選挙権のある方なら誰でも立候補できます。茨木市の議員定数は条例により30人と定めています。 ※現在の茨木市議会議員の任期は2013年1月31日〜2017年1月30日まで。

議長と副議長

議長と副議長は議員の中から選ばれます。任期は1年です。議長は本会議などの運営や議会の事務の処理にあたり、対外的には議会の代表者として議会の意思を表明します。
副議長は議長が病気や長期出張で不在のとき、または欠けたときに議長の代わりにその職務を行います。

本会議

本会議は全議員で構成される議会の基本的な組織で、議会の意思は本会議で決定されます。本会議には定例会と臨時会があり、いずれも市長が招集します。

定例会は案件の有無にかかわらず定期的に招集されるもので、年4回以内で条例で定める回数招集されます。茨木市では3月、6月、9月、12月に招集されます。臨時会は、特定の案件を審議するために必要に応じて招集されるもので、回数の制限はありません。

また、議員定数の4分の1以上(茨木市議会では8人以上)の議員から臨時会招集の請求があった場合には、市長は臨時会を招集しなければなりません。

定例会の流れ

委 員 会

市議会で取り扱う問題は数も多く、内容も幅広い分野にわたっています。これをいくつかの部門に分けて専門的、能率的に審査するため、本会議のほかに委員会が設けられています。

委員会は議会内部の機関として予備審査的なことを行うもので、議会から独立した意思決定をする機関ではありません。議会は委員会の審査結果に基づき、本会議で最終的な意思決定を行います。

委員会には、常に設置されている常任委員会、必要に応じて設置される特別委員会、議会の運営に関する事項を協議する議会運営委員会があります。

常任委員会

茨木市議会には、総務、文教、民生、建設の4つの常任委員会があり、定数はそれぞれ8人です。
議員はいずれかひとつの常任委員会に所属し、任期は1年です。

特別委員会

特別委員会は、常任委員会の所管に属さない特定の事件を審査する必要が生じた場合に設置され、その目的が達成されれば委員会の任務は終了します。現在茨木市議会に設置されている特別委員会は次の通りです。定数はそれぞれ7人、任期は1年です。

議会運営委員会

議会がスムーズ運営されるよう設置され、議会の運営や会議規則、議案や請願等の取り扱いなどについて審議をします。定数は7人、任期は1年です。


会派について

議会の意思は多数決をもって決められます。そこで同じような考え方や意見を持つ議員がグループをつくり活動すれば、自分たちの考え方や主張をより効果的に市政に反映させることができます。このグループを「会派」と呼んでおり、議会は会派を中心に運営されています。

会派は政党を基礎として結成されることが多いのですが、あくまでも議会の構成員である議員のみによって組織され、多様な人から構成される政党とは区別されます。

議会の運営・活動においては、制度的に政党がそのままのかたちで認められるわけではなく、あくまでも議会の構成員である議員からなる会派だけがその存在・活動を認められます。茨木市では2005年度より3人以上のグループを会派として定義しています。

市議会に 来て!見て!みませんか?

市議会の傍聴

市議会は本会議、委員会ともに公開されており、市役所本館5階の傍聴席入り口の傍聴受付で手続きをすれば、どなたでも傍聴できます。本会議場には子ども連れで傍聴できる「特別傍聴室」もあります。
市議会をぜひ一度体感してください。

※会議は平日の10時から行われているので、仕事をされている方にとっては傍聴は難しいですね。今後の議会改革の課題だと思っています。


TOP | 私が議員にチャレンジしたわけ | 市議会ってどんなとこ? | 知ってる?茨木市のあれこれ
プロフィール | 政治スタイル | ブログ | お問い合わせ